ゆとり世代のパパ 育児と趣味とお仕事と

平成4年(1992年)生まれのゆとり世代がパパになった!? 家族との日常 パパの正直な気持ち

再確認した 『読書』から学べること

みなさんこんばんは べらです

 

子供が生まれたのをきっかけ(?)に

今年に入ってから『読書』を始めました。

 

学生時代ですが、『ハリー・ポッター』ブームのおかげで

一時期でしたが読書にハマっていたことがありました

 

今思うと、それ以来

本なんて読んでいなかったですね

 

私が社会人になった頃には

もうiPhoneスマホが普及し始めていましたし、

apple社製品が市場を独占するんじゃないか、くらい

apple製品が世の中に溢れている時代でしたね

 

 

インターネットやスマホ等で

様々な情報が気軽に手に入れられる時代でも、

 

『本』を読むことで手に入れられることがたくさんあることを

いまさらながら学ぶこと、再確認する事が出来ました。

ということに最近気が付きましたw

 

私の仕事柄、身体に負担がかかる仕事ですし

断続的に集中力も必要になってきます

 

寝不足の状態では仕事に支障が出てしまうため

ちゃんと食事と睡眠だけは取るようには心掛けています。

 

私はこれでも自分のペースで趣味を続けているつもりですが

 

妻に『たまには早めに寝れば?』と言われることが増えました

 

 

あとあと何かを言われるのは好きではないので・・・

こう言われた時は素直に従っています。

 

何か新しいことを見つけると

時間を忘れて黙々とやり続けてしまう癖があるようで

妻からしょっちゅう怒られています

 

あまり自分では自覚がないのですが・・・

 

とはいっても、私には幼稚園児の息子がいるので

教育上あまり良くないかな?と思い、

夜遅くまで起きていることは極力避けるようにしています

 

子どもがいるとどうしても

自分、いや『自分達』の時間は

少なくなってしまいます

 

その短い時間の使い方で出来ることがあるはず

 

何かを学ぶ機会になるはず

 

そう思い立ったのが『読書』始まりですかね

 

 

本の事でいえば、

 

何かがテーマの参考書には

『作者によって書いてあることはちょっとずつ違うけど、

なんだかんだみんな同じこと言ってるな』

 

とか、

 

面白い作者、お気に入りの作者が見つかると

無性にその人の作品に触れたくなる

 

とか、

 

画面越しでは伝わらない何かがあるんでしょうね

 

私もそれに引き寄せられ、魅せられてきました

 

1冊読み終わるのがだいだい3~4日くらいなので

あまり速読派ではないのかな?とは思います

 

でもなぜか漫画を読むスピードは早いんですよ

単行本だったら1冊5分?くらいですかね?

 

そんなに早く読んでも意味無いんですけどねw

 

いまの1日の中で

携帯を触わっている時間を

ちょっだけ『読書』に切り替えてみませんか?

 

もしかしたらあなたが欲しいものは

すぐ近くにあるかもしれませんよ?  べらべら

 

 

広告を非表示にする