ゆとり世代のパパ 育児と趣味とお仕事と

平成4年(1992年)生まれのゆとり世代がパパになった!? 家族との日常 パパの正直な気持ち

私なりの教育方針

私は休みの日でも毎朝6時頃には自然と目が覚めます

 

仕事柄といいますか、習慣といいますか、

良くも悪くも

そこから家族が起きだす時間までの間が私にとっての自由時間です。

 

今はブログを更新することを優先していますが

こう見えて結構多趣味な方だと思います

ざっと例を挙げるならば

 

バイク ディズニー ゲーム おもしろ雑貨収集 エスニックファッション 写真 etc・・・

 

例えを挙げるときりがありませんね

 

日が昇る前から1人でコーヒーを飲みながらにやにやして

バイクをいじることなんてしょっちゅうあります

 

もちろん少しの空いた時間に

オフィシャルサイトやインスタグラム、ツイッター等で

色々な情報を集めたり、友人たちの写真を眺めたりもしています

 

本当に趣味に注ぎ込める時間なんて

私の場合は1日合計しても2時間か3時間弱位だと思います

 

『いやいや、そんなに自由な時間があるならいいでしょ

ウチにはそんな時間も余裕もないよ』

 

こう思う方も

もちろんいらっしゃるでしょう

 

『ごもっともな感想です、すいません』

 

 

今朝もあった1件、

物を大事にできないならちゃんと片付けて!

遊び終わったらちゃんとお片づけして!

 

はい、無理です

まだまだ言葉の意味を理解していないのに

大人が理解している言葉を子供が理解できると思いますか?

私なら無理ですね

私も小さい頃に言われた記憶がありますが

多分、片付けなかったような気がします

 

 

というか嫁よ、大事な物だから遊んでいるんじゃないか?

 

と、心の中で小さく思っています

そりゃ口に出したら怒られるのでもちろん黙ってますよ

 

そもそも私の教育方針は

子供に少しでも多くの選択肢を与えてあげること

子供に物事を自由に選べる余裕与えてあげること

 

私の記憶と実体験を元に考えた教育方針です

妻にも理解してもらっています

 

これは私自身へ日々の課題です

 

誰かからアドバイスを貰ったわけでもありません

もしかしたら私に近い考えの方もいるかもしれません

 

子供と一緒に変わっていく、一緒に成長する事の大切さ

 

このことを実感するだけで大きく変わると思います

 

私も天真爛漫な息子から教えてもらえること、再確認できたこと、

たった数年ですが本当にたくさんありましたし

きっとこれからもたくさんあると思います

 

自分が子供の頃に教わったこと

覚えている記憶、体験したこと、

何でもいいです

どんなに小さなことでもいいと思います

 

何も知らない純粋な子供に教えてあげてください

 

いまはきっと子供自身も

なにを言っているか分かっていませんし

なにを言われているのかも分かっていないと思います

 

もう1度だけ、家族との時間を大切にしてあげてください。      べらべら

広告を非表示にする